【期待⇔応合】、【ありがとう】と言葉が大好き!お互い『いい男』&『いい女』を目指してる姉弟です。日常生活の出来事を書いちゃいます!よろしくね~☆  (弟は休止中。。。)


by saito-kyoudai
カレンダー

2006年 04月 08日 ( 1 )

医者を信じて・・・。

昨日、田町露店の帰りの電車で、病院から連絡あった。
「あづきちゃんの容態が悪くなったので至急、病院へ来て下さい。」
聞いた私は焦る。でも、電車の中。。。。
私の心は、「もっと、早く走んないかな!!!」焦り&イライラが・・・。
病院に着いたときは、あづきは寝ていた。
私は、担当医に呼び出され、あづきの状態を聞いた。かなりショックだった。
「あづきちゃん、小さい体で強く生きてるんだね。頑張ってますよ。これも看病してくれた弘美ちゃんがいたからだよね。」
私を落ち着かせる為に言ってるのか??隣で、A先輩が泣いてる。。。
「弘美ちゃん落ち着いて聞いてね。病院側も、一生懸命に治療してます。でも、あづきちゃんの体の中に、もう限界さが出てきてます。本当は臓器移植を薦めたいんですけど、これはお母さんの承知が必要。お母さんに話したんですが、拒否をしてるの。本当に困ってます。もちろん、あづきちゃんには、長く生きて欲しいと言う願望は、医者としてあります。今回も高熱、そして呼吸困難がありました。もう、体力的に限界があると思います。今は何とか助かりましたが、また、容態が悪くなると思います。今度は、助かる可能性が低い。それを覚悟して欲しい。」
『覚悟して欲しい・・・。』『もう、限界がある。』・・・なんで?ど~して?やだよ!
一番、辛い。。。
私は、担当医に「妹を助けて下さい。」の一言、言い出せなかった。本当は言いたかった。
でも、素直さが出てこなかった。
私は、今まで何をしてきたのか?よく分かんなかった。
7歳なのに、また7歳じゃん!!でも、一人で頑張ってるよね。
私は、医者を100%信じて、私も出来るだけ病院に行って1分・1秒でもいいから助けたい。
[PR]
by saito-kyoudai | 2006-04-08 08:47 | 伝えたい・・・