【期待⇔応合】、【ありがとう】と言葉が大好き!お互い『いい男』&『いい女』を目指してる姉弟です。日常生活の出来事を書いちゃいます!よろしくね~☆  (弟は休止中。。。)


by saito-kyoudai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2007年 02月 08日 ( 2 )

『昔の戦争』と『今の戦争』では、どっちが怖いんだろうか···?


気になりますね。うん、気になりますよね!

仕事柄、利用者さん(♂)から「昔は“戦争”って言ったら自分と身内だけが活きる事でイッパイ×2だった。本当に恐ろしい半分、貧困な時期でもある。食べる物だって無くて、大変だった。今の戦争は、戦争じゃない。殺人的戦争だ。もう、戦争は嫌だなぁ。 今の若もんは幸せだなぁ…。働かなくても普通に生活出来るからさ。」と私ら若者(?)に話してた。

うんうん、なるほどねぇ☆
昔は、何処に逃げても家はないし、…亡くなる人も少なくない。
今は、アメリカだの北朝鮮の戦争だから、日本は無いだろう。でも、分からないよね。

戦争なんて、中学&高校時代の『歴史』の授業しか習った事ないから、詳しく分からない。

なんか、もっと聞きたい昔の話。
もっと教えて欲しい、戦争や昔の生活。

まだ、話して欲しいなぁ。。。


機会があったら、話を聞いてみんべ☆
[PR]
by saito-kyoudai | 2007-02-08 23:05 | ギモン・疑問
以前、妹(あづき)が入院してた病院の院内学級友達の女の子が、小児白血病で今日の昼、亡くなった。8歳の命。 私は、すごく悲しかった。 でも、悲しさの中に「あづきの分まで生きててくれてありがとう。」と感謝の言葉を心の中で叫んだ。

私は、あづきが亡くなっても病院内の院内学級の先生をしてた。 今でも休みがあったら行って、病気の子供たちの勉強を教えてる。 「本当は、学校に行きたいのに行けない・・・。」「でも、勉強は大好き!」と言う子供がたくさんいる。そんな子供達に、私らは「期待」を掛けている。

その一人である女の子(今日亡くなった子)は、「私は、あづきチャンの分まで生きるんだ!あづきチャンは、病気と闘って来たんだもん。・・・、そしてあづきチャンと約束したの。『元気になったら一緒に福島へ行こう!』って。。。」 あづきを想ってくれていた。
そん時、私は、「あづきが聞いてたら、すごく嬉しくなってずっと、生き続けるのであろう!」と思った。 自分も嬉しくなったもん。

どんなに、辛くても苦しくても・・・、病気に負けないで生きてる子は、スゴイ!と実感する。

私は、子供達の笑顔を見ると・・・、「おっ!今日も元気だな。」とか、「今日は、一人で院内学級に来たの? エライなぁ!!」と声を掛けている。
ちょっとした声掛けなんだけど、子供達は正直者だから素直に反応する。子供は大好きだ!

ちょっと、タイトルと違う内容に書いちゃったけど(^_^;)
本当に、持病の子供達には、【生きてくれてありがとう!】と感謝の気持ちです。

そして、改めて命の大切さ!気付かしてくれたのは、子供達です。

本当にありがとう!そして、元気になれよ!!
[PR]
by saito-kyoudai | 2007-02-08 01:34 | キズナ